トピックス&ニュース

通販物流BLOG「メイン業務に集中できる状態を如何にして創るか。」 【第4回】

2015.08.14

みなさんこんにちは!
通販フルフィルメントサービスの安心・安全をモットーに・・・IMBS法人事業部の金間と申します。

今回は、前回に続き
「攻めのアウトソーシング」についてのご紹介です。

早速ですが、
アウトソーシングで業績を改善されたお客様のお声をいくつかご披露します。

●アウトソースして業務品質が上がり、
イレギュラーな対応に費やす時間が削減された。

●営業力強化や業務改善に向けた、
企画推進などのコア業務へ費やす時間やエネルギーが増えた。
営業拡大の仕掛けづくりに専念できた結果、注文数が増えつつある。

●ルーティンワークから解放されて商品動向やお客様との関係性の分析など、
マーケティングに時間がとれるようになってきている。

こんなご感想をいただいております。

要約しますと...
●「業務を自社で管理・運営」→「業務の守備範囲が広い」→「メインの業務に集中できない」→「売上アップの施策が進みにくい」

なら...

●「業務のアウトソーシングしてみる」→メイン以外の業務はプロに任せる」→「メイン業務に専念できる」
→「売上アップの施策が進められ、PDCAサイクルを実践できる」

売上アップを達成された通販事業者のご担当者さまにお話しを伺うと
このようなご意見・ご感想が多数寄せられています。

まずは、内製すべき業務とアウトソースした方が、またはすることで、質と量が向上できる業務とを整理してみましょう。


「メイン業務に集中できる状態を如何にして創るか」



そのための手法として、
お早目のアウトソーシングをご検討されてみてはいかがでしょうか。

その際には、弊社へのお問合せ(ご縁)をお待ちしております。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!!!!